看護師の仕事内容と適性

病院での看護師の仕事内容と適性

近年の医療の高度化により益々看護師の仕事内容は多岐にわたり、幅広い知識を身に付けることはもちろん、最先端医療への対応も求められるようになっています。看護師が活躍する就業場所も様々あり、就業場所によって看護師の仕事内容も異なってきます。

 

その主な就業場所のひとつとして病院を挙げることができ、医師の診断や治療の補助的な役割り、患者やその家族への対応やサポートといったことが病院における基本的な看護師の仕事内容であると言えるでしょう。

 

具体的には問診・各種検査やその説明・注射や点滴・検温や血圧測定や測脈・食事や排せつなどの介助や体位交換・入浴や清拭・記録や巡回・訪問介護・自宅療養のた為の指導など、その仕事内容は実に多岐にわたり様々あることがわかります。

 

また医師・保健師・他の看護師など病院スタッフとの連絡を含めた意志疎通やコミュニケーションも大切な役割となります。そしてこうした看護師の適性は、やはり人間性であり、気遣いや優しさがあり、真面目に仕事に取り組む姿勢を持ち合わせていることではないでしょうか。

 

患者さんという人間と接することが多いことや命に係わる現場であることから、人間性が大切であると言えるでしょう。同時に適切な判断をしてテキパキ要領よく行動できること、そして体力があることも大事な要素のひとつですね。

看護師の仕事内容と適性記事一覧

看護師の仕事内容と人間関係の重要性

看護師を希望し、その道に進む前に実際に看護師の仕事内容とどういったスキルが必要になるのかはしっかりと把握しておく必要があります。イメージだけではなく事前にその仕事を把握しておけば準備や心構えをする事が出来るので実際の現場での違和感が少なくなり、長く仕事を続ける事が出来ます。勤務形態については勤務する...

≫続きを読む