看護師の仕事内容と人間関係の重要性

看護師の仕事内容と人間関係の重要性

看護師を希望し、その道に進む前に実際に看護師の仕事内容とどういったスキルが必要になるのかはしっかりと把握しておく必要があります。イメージだけではなく事前にその仕事を把握しておけば準備や心構えをする事が出来るので実際の現場での違和感が少なくなり、長く仕事を続ける事が出来ます。

 

勤務形態については勤務する病院によって様々ですが、日勤と夜勤の2交替制と日勤・準夜勤・深夜勤という3交替制がほとんどです。夜勤に慣れる必要がありますし、3交替制だとかなり時間が不規則になるので体調管理が重要になります。

 

看護師の仕事内容はまず前の勤務からの申し送りを行い患者の状態や自分がいない時に起こった出来事などを把握しておきます。

 

それからベットの整備や掃除、備品のチェックと補充、手術がある時は事前の用意などをした後に実務に入ります。一人の看護師で複数の患者を担当するのが通常なので採血や点滴、食事などの介護やナースコールの対応など、一人でこなすのは大変ですし、時には連携が必要になる時もあります。

 

患者との人間関係はもちろんですが、医師や同僚ともコミュニケーションをとり円滑な人間関係を築く事が仕事をする上で重要となります。